BLOG

プロポーズのことばは、、、、ワンっ?! | 中区

カテゴリー: >


 
横浜ローズホテル様からのウェディングサポートのご依頼で、
ミニチュアダックス、おーじ君のお世話に伺いました。
おーじ君は新郎様宅で育てられた13歳の男の子。新婦様ともとっても
仲良しです。今回リングドッグとしてお式のお手伝い、そして、
披露宴にも同席し家族の一員として新郎新婦様を祝福します。
 
お式は、山手ヘレン記念教会でおこなわれました。
現地到着後、ふたりで近辺をお散歩です。
おーじ君は普段からお散歩はそれほど好きではないということで、
この日も、往路は抱っこ、復路は早くチャペルに戻りたがってぐんぐん
歩いてくれたので、片道のみの歩きです。
ご近所のわんちゃんとすれ違っても興奮することなく、
落ち着いたお散歩でした。
 

 

 

 
しばらくして新郎新婦様到着され、写真撮影です。
おーじ君、安心したように新郎様に抱かれ嬉しそう。
もちろん新郎新婦様も笑顔でいっぱいです♪
 

 
チャペルでの挙式は、新婦様新郎様入場のあと、
おーじ君ひとりでリングを届けます。
リハーサルでも一目散に新郎新婦様にかけよったおーじ君、
厳粛な雰囲気の本番でも、寄り道せずバージンロードをしっかり歩き
リングを運ぶことができました👏👏👏
その後もお式の間も、よいこで新郎新婦様を見守ったおーじ君でした。
退場時のフラワーシャワーでも鐘が鳴り響いても動じることなく、
立派にお式に参加することができました。
 
お式の後の披露宴にも参加です。
おーじ君のお席は、新郎様の視界にははいりますが、
少し離れた位置に置かれたサークルケージです。
お式の間は吠えることがなかったのですが、パーティで司会のかたが
「プロポーズは・・」といったら大きな声で、
❛わんっ!❜と大きな声で吠えたおーじ君。
ゲストの皆様の笑いを誘っていました。
その後おーじ君をなだめるのに集中していたためプロポーズの言葉はなんだったのか聞き漏らし・・・それだけが心残りです!
 
おーじ君はゲストの皆様から可愛がられており、
たくさんなでなでされたり、大好物のイチゴをいただいたりと、
新郎新婦様と離れたお席でも寂しく思う暇もないほどでした。
それでもやはりまわりに人がいなくなると、ケージのメッシュ部分から遠くの新郎様をじっと見つめる瞳がせつなかったです。
(新郎様も、おーじ君がみていたのに気づいておられたとのこと)
 

 

 

 

 
お色直しで新郎新婦様が中座されるタイミングで
控室で新郎新婦様と再会です。
新郎様がソファでお休み中、横でぴったりよりそうおーじ君。
かと思うと、ヘアメイク中の新婦様の可憐なドレスにまとわりついたりと、
家族と一緒の時間に明るく元気いっぱい♪
合間合間にプロのカメラマンさんの写真撮影でもかわいいお顔を
たくさんみせてくれていました(#^^#)
 

 

 

 

 
パーティ後の最後の写真撮影では、お疲れモードで、
されるがまま~というかんじで新郎様に抱っこされていました。
おーじ君をそっとなでなでする新婦様の手が、とてもあたたかいです(#^^#)
 

 

 
おーじ君、たくさんの人に囲まれ、慣れない場所での1日で、
晴れの舞台で大活躍したこともあり、その晩はぐっすりイビキをかきながら眠っていたそうです。
 
おーじ君、長い1日おつかれさまでした!たくさん、おとなしいね~
よいこだったね~って褒められていたね!
これからも、家族みんなで元気で楽しい毎日を送ってね。
 
ローズホテル様、ご依頼ありがとうございました。
M様、心あたたまる時間をどうもありがとうございました。忘れられないおもいでのこの日のお手伝いさせていただき、感謝申し上げます。
奥様への、「結婚してくれてありがとう。おーじと仲良しになってくれてありがとう。」のお言葉が胸をうちました。
どうぞこれからも楽しい日々を重ねていってくださいね。
おめでとうございました♡
 
※お写真とお世話内容ブログ掲載のご承諾は得ております。
 
 
 
 

東京、町田、川崎、横浜、大阪、広島のペットシッターなら
オレンジペットシッターにお任せください♪

今までの投稿

Facebook

Twitter